相続税とは

人が死亡すると、その人(被相続人といいます)の財産は、例えばその人の子などに承継されます。これを「相続」といいます。また、その人の遺言により財産を譲り受ける人が出る場合があります。これを「遺贈」といいます。この両者を原因として発生する税金を、相続税と呼びます。そして相続税は、上記、「相続」で財産を承継した人(相続人)や、「遺贈」により財産を譲り受けた人(受贈者)が納税します。相続税は申告制で、被相続人の死亡から10ヶ月以内に、被相続人の住所地を所轄する税務署へ申告しなければなりません。もっとも、その財産が、基礎控除額(5000万円+1000万円×法定相続人の数)の範囲内であれば、申告も納税も必要なく、現在、申告を要する人は相続人全体の5%もいないのが実情です。