相続税の算出方法

相続税の税額の算出方法ですが、まず正味の遺産の額から基礎控除額(5000万円+1000万円×法定相続人の数)を引き、残りの額を民法で定められた相続分と同じ割合で分け、それぞれについて税率を掛けて計算します。例えば、遺産の総額が3億円で、相続人は配偶者と子ども二人だったとします。このうち課税対象になるのは、(3億円-5000万円+1000万円×3)=2億2千万円。配偶者は遺産の半分を受け取れますから、課税標準は1億1千万円、この場合税率が40%で控除額が1700万円なので課税額は1億1千万円×40%-1700万円で2700万円となります。子どもについても同様の算出方法で、一人あたり5500万円×30%-700万円で950万円。以上により、相続税の総額は2700万円+950万円×2で4600万円になります。(各種控除などもあるので、実際に納める額はこれより少なくなります)